■PaizaCloud 利用規約

「PaizaCloud利用規約」(以下「本規約」といいます。)は、ギノ株式会社(以下「当社」といいます。)が当社サイトで提供する第1条に定めるサービス(以下「PaizaCloud」といいます。)を利用する上での合意事項となります。PaizaCloudをご利用になる前に、本規約を必ずご一読のうえ、ご承諾頂きますようお願い申し上げます。

第1条(サービスの内容)
PaizaCloudとは、ブラウザだけでWebアプリケーション開発、公開、運用やサーバ操作が可能なホスティングサービスおよびこれに付随するサービスをいいます。
2.当社はPaizaCloudを、当社が運営または指定するサイトを訪問し利用する者(以下「当社サイト利用者」といいます。)および、当社サイト利用者が当社に個人情報およびその他の情報(以下「会員情報」といいます。)を登録して会員登録の申込みをなし、当社がこれを承認した者(以下「会員」といいます。会員登録の詳細は第2条に定めるものとします。)に対し、当社サイトを通じて提供します。なお、当社サイト利用者および会員を総称して「利用者等」といいます。

第2条(会員登録)
PaizaCloudの会員となることを希望する当社サイト利用者は、会員登録画面に会員情報等必要事項を記入、入力、登録等(以下「記入等」といいます。)し、本規約に同意の上で、会員登録の申込みをするものとします。当社は当該申込について、所定の審査を行うものとし、当社が登録を認める場合にはその旨を当社サイト利用者に通知し、会員登録を完了とします。なお、審査の結果、会員として不適当と判断した場合にはその登録を拒否することができるものとします。
2.個人名義の会員登録であっても、自己の事業のために契約の当事者となる場合、法人もしくはその他の団体に所属する個人が当該法人等の事業のために契約の当事者となる場合、またはその使用態様が実質的に当該法人等の事業のために利用されている場合には、当該法人等の利用であるとみなします(以下、これらの場合を総称して「法人利用」といいます。)。
3.第一項の会員登録完了をもって、当社との間にPaizaCloudに係る利用契約(以下「本契約」といいます。)が成立するものとします。
4.会員は前項で届け出た内容に変更が生じた場合には、当社に対し速やかに変更の届出を行わなければならないものとします。当該届出を遅滞または怠ったことにより、会員に発生した不利益に対し、当社は一切の責任を負いません。

第3条(ID・パスワード)
当社は、会員に対し、ID・パスワードを発行し付与する場合があります。この場合、会員は当該ID・パスワードを自らの責任において使用・管理し、如何なる場合にも当該ID・パスワードを第三者に使用させ、または譲渡してはならないものとします。当該ID・パスワードが第三者に使用されたことにより会員に発生した損害に対し、当社は一切の責任を負いません。

第4条(利用料金)
PaizaCloudの利用料金は、別途当社サイト上で定めるものとします。
2.会員は、別途当社が定める決済手段により、利用料金を支払うものとします。なお、当社は、利用料金の支払いに対する領収書は発行いたしません。
3.会員が、利用料金の支払いを遅滞した場合、会員は年14.6%の遅延利息を当社に支払うものとします。
4.利用料金の支払に必要な振込手数料その他の費用は、会員が負担するものとします。
5.会員のうち未成年者が利用する場合には、当社が定める方法で、事前に親権者等法定代理人(以下「法定代理人」といいます。)の同意を得て利用するものとします。なお、未成年者による申込みが、法定代理人の同意を得ていると偽ってなされたものであるとき、または年齢を成年と偽ってなされたものであるときは、当社は申込みの取消しには応じないものとします。
6.利用料金は、当社の判断により変更する可能性があります。この場合、当社は合理的な事前告知期間を定め、会員に通知するものとします。会員は当該変更に同意しない場合には、所定の期間内にPaizaCloudを解約するものとし、解約せずに当該期間が経過した場合は、当該変更に同意したものとみなされます。

第5条(退会手続)
会員がPaizaCloudの退会を希望する場合は、当社サイト上の案内に基づき、当社所定の手続きにより退会手続を行うものとします。
2.利用期間満了の日までに、会員が前項の退会手続を行わない場合、さらに同一期間延長されるものとし、以降も同様とします。
3.当社は、いかなる場合においても既に受領した利用料金その他の返金は一切行いません。また、退会手続が月半ばまたは契約期間中に行われた場合であっても、会員は当該月または期間の利用料金は全額支払うものとします。
4.当社は、本条第1項の会員からの退会手続によらず、会員が以下のいずれかに該当するまたはそのおそれがあると当社が判断する場合には、当該会員を退会処分とすることができるものとします。
(1)指定の期日までに利用料金を支払わない場合または不正な手段で利用料金の決済をする場合
(2)本規約に違反する行為があった場合

第6条(本規約について)
当社は本規約を随時変更することができるものとします。本規約を変更した場合、変更後の本規約を当社サイト上に掲載するものとし、掲載後1ヶ月経過した時点で、利用者等は、変更後の本規約の内容に同意したものとみなします。

第7条(個人情報の取扱い)
当社は、利用者等の個人情報を、当社が別途定める「個人情報保護方針」http://paiza.jp/guide/policyに従い、適切に取得・利用・提供・管理をいたします。
2.当社は、「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律」またはその他法令に基づく請求がある場合、当該請求の範囲内で会員の個人情報を開示することがあります。

第8条(知的財産権)
当社サイトおよびPaizaCloudに関する著作権、商標権、その他の知的財産権を含む一切の権利(以下「知的財産権等」といいます。)は、当社または当社が契約する第三者が保有します。利用者等は当社の許諾なく、知的財産権等の全部または一部の複製、販売、再許諾、譲渡、改変等を行ってはならないものとします。
2.利用者等は、PaizaCloudの利用にあたり、知的財産権等を侵害する行為をしてはならないものとします。

第9条(反社会的勢力の排除)
利用者等は、現在かつ将来にわたり、反社会的勢力(暴力団、 暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。)に該当しないこと、また暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して脅迫的な言動をし、暴力を用いる行為、風説を流布し偽計を用いまたは威力を用いて信用を毀損しまたは業務を妨害する行為、その他これらに準ずる行為を行わないことを、将来にわたって表明するものとします。

第10条(会員の自己責任)
会員は、PaizaCloudを利用して公開・提供・保存等するデータ、文章、コード等(以下「データ等」といいます。)につき、一切の責任を負うものとし、当社に対しいかなる損害も与えないものとします。なお、データ等により、会員または第三者に生じた損害等について、当社は一切の責任を負いません。
2.当社は、データ等について、そのバックアップを行う義務を負わないものとします。会員は、自己の費用と責任において、自らのデータ等のバックアップを行わなければなりません。当社は、理由の如何を問わず、データ等の全部または一部が滅失、毀損、改ざんされた場合にも復元する義務を負わず、当該滅失、毀損、改ざんにより、会員または第三者に生じた損害等について、当社は一切の責任を負いません。

第11条(禁止行為)
利用者等はPaizaCloudの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。
(1)会員登録の際、虚偽または不正確な会員情報を記入等する行為。
(2)第三者になりすまして会員登録する行為。
(3)一つの会員IDを複数人で共同利用する行為
(4)会員IDを第三者へ貸与する行為または第三者の会員IDを不正に使用する行為。
(5)利用者等が未成年である場合に、成年と偽って会員登録をし、PaizaCloudを申し込む行為。
(6)利用者等が未成年である場合に、親権者等法定代理人の承諾を得ずに(または承諾を得たと偽って)PaizaCloudを申し込む行為。
(7)PaizaCloudの利用料金の支払いを免れる、怠るまたは不正な手段(使用権限のない第三者のクレジットカードの登録・使用などを含みますが、この限りではありません。)による決済行為。
(8)PaizaCloudの利用権を第三者へ譲渡する等、再販売に該当する行為。
(9)当社、他の利用者等または第三者を誹謗中傷、脅迫、強要する行為。
(10)当社、他の利用者等または第三者の著作権、商標権、その他の知的財産権を含む一切の権利を侵害する行為。
(11)当社、他の利用者等または第三者の財産、名誉、プライバシー、肖像権等を侵害する行為。
(12)PaizaCloudにより利用し得る情報・データ等を改ざん、破壊、消去等する行為。
(13)特定の組織・集団・個人等を標的とする攻撃や、一定期間に大量のメールを送信する行為。
(14)PaizaCloudを利用して、利用者等または第三者の承諾を得ることなく、電子メールを送信する行為。
(15)PaizaCloudを利用して、利用者等または第三者の如何を問わず、特定可能な個人情報を送信、掲載等する行為。
(16)PaizaCloudを利用して、PaizaCloudと同様のサービスや関連するサービスを第三者に提供し、またはPaizaCloudその他の当社が提供するサービスを再販売等する行為。
(17)ウィルス等の有害なコンピュータプログラムが実行されるまたは実行されるおそれのあるコードを送信する行為。
(18)当社のサーバ・システム・ネットワーク機器等に不正にアクセスする行為。
(19)理由の如何を問わず、当社のCPU、ネットワーク、ディスクI/Oなどのシステムリソースを過剰に消費する行為。
(20)不正アクセス、トラフィック監視、オリジン改ざん等の、セキュリティや整合性を侵害する行為。
(21)サービス妨害(Dos)、公開プロキシ、オープンメールリレー等のネットワーク不正使用行為。
(22)わいせつ、児童ポルノ、児童虐待、殺人等の情報、その他社会通念上他者に著しく嫌悪感を抱かせる情報など、犯罪や違法行為に結び付く情報を送信、掲載等する行為。
(23)人を自殺に誘引または勧誘する行為。
(24)未承認医薬品等の広告を行う行為。
(25)無限連鎖講(ネズミ講)、マルチ商法など詐欺的な行為への誘因または勧誘する行為。
(26)反社会的活動またはその他犯罪的行為に結びつく一切の行為。
(27)公序良俗に反する一切の行為、その他あらゆる法令に反する行為。
(28)当社の信用または名誉を毀損する行為。
(29)その他、PaizaCloudまたは当社が提供する他のサービスの運営を妨げる行為。
(30)前各号のほか、当社が不適切と判断する行為。

第12条(会員資格の喪失等)
当社は、会員が以下の各号のいずれかに該当するまたは該当すると当社が判断した場合、当社は会員に何らの通知無しに、PaizaCloud提供の一時停止または会員資格の一時停止または喪失させることができるものとします。
(1)会員が本規約に違反し、または違反するおそれがある場合
(2)会員が当社の提供する他のサービスを利用している場合に、当該他のサービスの規約に違反し、または違反するおそれのある場合
(3)会員登録の際に、虚偽、不正確な会員情報を記入等する行為や第三者へのなりすまし等の不正行為を行った場合
(4)会員が当社に使用を届出たクレジットカードが、クレジットカード会社より無効とされた場合
(5)PaizaCloud利用料金について支払停止となった場合、または支払不能の状態に陥るなど、会員の資産または信用状態に重大な変化が生じ、PaizaCloudに対する金銭債務の支払いが困難であると認められる場合
(6)前各号のほか、当社が会員として不適格と判断した場合
2.前項に該当する場合、会員は当社に対する債務の一切について、期限の利益を失い、当社に対し直ちに債務の一切について支払わなければならないものとします。
3.第1項に基づき行った措置により、会員に発生した損害について、当社は一切の責任を負いません。
4.会員の行為によって、当社に損害が発生した場合、第1項の措置の有無に拘わらず、当社は当該会員に対して、損害賠償請求をすることができるものとします。

第13条(情報の削除)
当社は、データ等が以下各号のいずれかに該当するまたは該当すると判断した場合、会員に通知することなく、当該データ等を削除することができるものとします。
(1)データ等が、第11条(禁止行為)に該当する場合
(2)データ等について、第三者から、「特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律」またはその他法令に基づく削除等の要請があった場合、クレームまたは損害賠償等の請求があった場合
(3)前各号の他、当社が合理的な理由に基づき削除する必要があると判断した場合
2.第1項に基づき行った措置により、会員に発生した損害について、当社は一切の責任を負いません。
3.会員の行為によって、当社に損害が発生した場合、第1項の措置の有無に拘わらず、当社は当該会員に対して、損害賠償請求をすることができるものとします。

第14条(システムメンテナンス)
当社は、当社が必要と認める時には随時、PaizaCloudのシステム(会員のコンテナ、コンテナイメージを含む)のアップグレード、パッチ、バグ修正、再起動またはその他のメンテナンスを行うことができるものとします。

第15条(PaizaCloudの停止等)
当社は、以下のいずれかに該当する場合には、会員に事前に通知することなく、PaizaCloudの全部または一部の提供を停止することができるものとします。
(1)システム、電気通信設備等の工事、障害、事故等のやむを得ない事態が生じた場合
(2)地震、落雷、火災、停電、天変地異などの不可抗力によりPaizaCloudの運営ができなくなった場合
(3)その他、法律上の規制、当社運用上または技術上の観点から、当社が必要と判断した場合
2.前項に基づき行った措置により、会員に発生した損害について、当社は一切の責任を負いません。

第16条(PaizaCloudの変更・終了)
当社は、事業運営上やむを得ない場合または当社の判断により、一定期間の通知(当社サイト上への掲示を含む。) の上で、PaizaCloudの全部または一部の内容の変更または終了をする場合があります。
2.前項に基づき行った措置により、会員に発生した損害について、当社は一切の責任を負いません。

第17条(本契約上の地位の譲渡)
会員は、当社の事前の書面による承諾なく、本契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、貸与、名義変更、担保設定等をすることは出来ません。
2.当社はPaizaCloudに係る事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、本契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務並びに会員の会員情報その他の登録情報を、当該事業の譲受人に譲渡することができるものとし、会員は、当該譲渡につき、本項をもって予め同意するものとします、なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他の事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第18条(損害賠償)
当社の責に帰すべき事由により、会員がPaizaCloudを全く利用できない状態となった場合において、当社が当該利用不能を知った時刻から起算して72時間以上その状態が継続した場合に限り、当該会員におけるPaizaCloudの利用料金1ヶ月分相当額の30分の1に利用不能の日数を乗じた額(円未満切り捨て)を限度として、会員の請求に基づき、会員に現実に発生した通常の損害を賠償するものとします。なお、当社に対する損害賠償請求は、会員が損害の発生を知った時から6ヶ月以内に限るものとします。ただし、会員が個人(第2条第2項に定める「法人利用」に該当する場合を除きます。)の場合において、当社の故意または重大な過失により損害を被った場合については、この限りではありません。

第19条(保証の否認および免責)
当社はPaizaCloudの提供または当社サイト上で提供する情報について、利用者等の特定の目的に適合することまたは完全性、安全性、正確性、有用性、利用可能性等を有することについて、いかなる保証もいたしません。
2.会員は、自己の責任に基づいてPaizaCloudを利用するものとし、PaizaCloudを利用してなされた一切の行為およびその結果について、その責任を負うものとします。
3.会員が、PaizaCloudを利用して得られた成果を外部サービスを通じて利用(効果検証・運用等のあらゆる場合を含みます。)する場合、当該外部サービスの安全性等については、会員が自己の責任において判断するものとします。また、当該外部サービスを利用して発生した結果について、当社は一切の責任を負いません。
4.会員が、PaizaCloudの利用により、第三者に対し損害を与えた場合、会員は自己の費用と責任においてこれを賠償するものとします。
5.PaizaCloudの利用により会員が損害を被った場合において、当社が責任を負う場合の損害賠償の範囲は、当該会員が支払ったPaizaCloudの利用料金1ヶ月分相当額を限度として、当該会員に現実に発生した通常の損害を賠償するものとします。なお、当社に対する損害賠償請求は、会員が損害の発生を知った時から6ヶ月以内に限るものとします。ただし、会員が個人(第2条第2項に定める「法人利用」に該当する場合を除きます。)の場合において、当社の故意または重大な過失により損害を被った場合については、この限りではありません。

第20条(分離可能性)
本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第21条(誠実協議条項)
本規約に定めのない事項は、法令の定めに従い、当社と利用者等との間において、互いに誠意をもって協議し解決することとします。

第22条(管轄裁判所)
本契約および本規約は日本国法に準拠し、同法によって解釈されるものとします。なお、本契約および本規約に関する紛争については、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

2017年12月5日制定